×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

止むを得ず借りたお金が生む悲劇

止むを得ず借りたお金が生む悲劇

早急にお金が借りたい・・・。

 

お金を借りたい気持ちばかり焦ってはいませんか?
その都度お金に振回されてキャッシングをされておりませんか?

 

借りる事でラクになれる・・・。

 

確かにそうですが
それがあたりまえの生活になってしまうのは時に怖いものだったりもします。

 

自分が自らお金に殺されているような気もします。

 

お金は心強い味方にもなりますが
赤字となれば借金となって敵にもなります。

 

正に札束に善と悪が紙一重といった感じでしょうか・・・。

 

お金を借りる事ばかり考えて生きていると
どんどんエスカレートしてしまい
最終的には借金地獄となるものです。

 

そんな人生は誰でも望まないし嫌ってものです。

 

お金の借り方も考え用ですよね。

 

慎重に歩んでいきたいけれど、一般金融はどれも手堅く審査の通過が厳しい人もいるでしょうし

 

安全じゃない道はお金も精神もじわじわ蝕まれる闇金がおりますし・・・。

 

止むを得ず借りたお金には正にカルマが宿っているような気さえしてきます
つまり借りたツケは必ず返って来るというものです。

 

早急にお金がいる場合もすぐに金融にお金を借りるのはやめておいてほしいですね
止むを得ないから借りたお金で悲劇を生めば借りる意味もないでしょう。

 

そこにあるのは返済地獄なわけですから
払っても払っても終わらない借金になる可能性だって十分にあるわけでして・・・。

 

早急にお金がいる時こそ"キャッシング"を我慢する位の気持ちが大事。

 

お金が必要=キャッシング
今の現代人はまるで洗脳されたかのようにお金を借りてしまう傾向があります

 

これが悲劇の連鎖を又生んでいるのも確かなお話だと思いますが
もう少し我々はお金の借り方に関して改めるべき点があるのではないでしょうか?